スポンサーリンク

素朴な疑問 保釈金って?


 18

元日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏が10億円の保釈金を払って保釈されたと話題になりました。

そこで今更聞けない疑問もあります。

理解しないまま聞き流していた言葉の意味も含めて詳しく解説します。

☑逮捕ってどういう状態?

保釈金の説明の前に、「逮捕」とはどういうものかを説明しなければなりません。

逮捕とは被疑者(捜査機関が、法律を破り疑わしいと思った人物)として行動の自由を奪う行為を指します。

捜査機関が疑わしいと思っているだけなので、有罪が確定した人となったわけではありません。

多くの場合、詳しく調べるための時間をとるために、逮捕後、勾留(こうりゅう)されることになります。

 

19

☑勾留(こうりゅう)って何?

勾留とは有罪が確定していない者で、住所不定・証拠隠滅・逃亡のおそれがあるときに裁判所が一定の場所(拘置所)に連行することを命ずることです。

「この被疑者は勾留しないと捜査や裁判に支障が出る」と判断された場合に勾留が行われます。

彼は有価証券虚偽記載と特別背任罪により会社側に大きな損害を与えた罪で逮捕されました。

 

☑勾留期間には限りがある

有罪が確定していない者をいつまでも勾留してはいけません。

通常は逮捕後、最大10日間といわれています。

その10日の間に本人から罪の詳細を調べます。

そして10日経ったのであれば、検察官が起訴か不起訴か決めなくてはなりません。

しかし、例外的に勾留延長があり更に最大10日間勾留期間を延長することも出来ます。

起訴前の勾留期間は最長で20日です。

 

☑何故ゴーン氏の勾留はこんなにも長期化したの?

それは長期化する以下3パターンに当てはまったからです。

◆被疑者が罪を認めていない

◆罪が重い

◆組織的犯罪

この場合、捜査も慎重になり、長引く可能性が高いので勾留延長される可能性が高くなるのです。

ゴーン氏の場合はまさにこれに当てはまります。

 

☑検察官の権限は凄い!

犯罪を犯した疑いのある人(被疑者)を裁判所に訴え、法の裁きを求める人。

検察官の判断で起訴、不起訴が決定されます。

大げさな表現かもしれませんが、検察は捜査と起訴不起訴の両方の判断ができる最高の権力を持った行政機関なのです。

 

☑「起訴する」とはどういう事?

罪を犯した疑いが十分なとき、検察官がその罪の有無の審判を裁判所に求めることです。

起訴がないかぎり、裁判所は事件について裁判を行わないのが原則です。

つまり起訴されれば裁判所で有罪か無罪かの判決を待つという事になります。

16

☑どうしてゴーン氏は保釈された?

☑保釈とは被告人を釈放すること

一定の保証金(保釈金)を納めさせて、勾留中の被告人を釈放することです。

ゴーン氏が保釈されたのは容疑者・被告の人権を守らなければならない、という人権尊重の流れの影響が強いです。

そして海外からの非難の声があります。

何日間も釈放されずに勾留されている状態を、海外メディアからは人権を無視した「人質司法」と揶揄されていたのです。

 

☑保釈金とは裁判所に納めるお金

保釈の際に裁判所に納めることが必要なお金です。

正式には保釈保証金といいます。

保釈の申請を裁判所に行い、裁判所が保釈を認めた場合、必ず保釈金の金額も決定します。

その金額を裁判所に納めた時点で初めて保釈されることになります。

保釈の許可が下りても、お金を納められないといつまでも保釈はされません。

 

☑保釈金は例えるなら人質金

一言でいうと、保釈時の約束に違反させないための人質のようなものです。

保釈を受けるには裁判所からその事情に合わせた条件が付けられます。

被疑者(疑いがかけられている状態)ですから、証拠隠滅の為に口裏合わせができないよう、

事件の関係者と連絡をとってはいけない、とか、裁判の呼び出しには必ず出席するなどの条件です。

この条件に違反した場合には保釈は取り消され、再び身柄拘束を受けるのです。。

また、納めた多額の保釈金も没収され、返してもらえなくなってしまいます。

つまり、違反した場合には保釈金を全部没収するから、没収されたくなければ条件を守るように、という人質のようなものなのです。

保釈金額は該当者の経済的背景などを考慮して決定されます。

ゴーン氏の場合は大金持ちであり、多方面に資産を所有していたことから10億円もの高額な保釈保証金が設定されたのでしょう。

 

☑ゴーン氏の保釈条件は?

(1)東京都内に住み、住居の出入り口などに監視カメラを設置する。

(2)日産幹部ら事件関係者との接触禁止する。

(3)パスポートを弁護人が管理し、海外渡航は禁止する。

(4)通信環境が制限されたパソコンや携帯電話の使用をする。

かなり制限されてますね、それだけこの事件は根が深いということです。

 

☑保釈金は戻ってくるの?

保釈時の条件に違反さえしなければ、保釈金は全額戻ってきます

これは、有罪判決の場合でも、実刑判決の場合でも同じです。

保釈は、あくまで裁判にきちんと出席させるための人質ですので、裁判が終わるまで約束を守れば、判決内容にかかわらず全額返してもらえます。。

約束を守れば人質を解放してくれる、というイメージです。

 

まとめ

◆ゴーン氏は有価証券記載違反(脱税)と特別背任罪(会社に多大な損害を与えた)罪に問われている。

◆保釈期間は捜査が複雑になればなるほど長期化する

◆保釈金額は経済状態により判断される。

◆保釈金は保釈条件を守れば全額返金される。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

素朴な疑問

関東と関西のエスカレーターの右と左待ちを完全解説

配備が進むオスプレイって本当に安全?

仮想通貨とスマホ決済ってどう違うの?

 

 

スポンサーリンク