スポンサーリンク

時代を変えた最強の無料通話・メールアプリLINEの素朴な疑問をまとめてみた


line

LINEを知らない人を探すのが難しい程スマホユーザーにとってマストのアプリとなっているLINE。

24時間、いつでもどこでも、例え世界中の人々とも無料で好きなだけメールや通話が可能になる超便利なアプリだ。

「いつでもどこでも」という事でスマホとの相性は抜群で、辺りのスマホユーザーを見回してLINEをDLしていない人はほぼゼロといっていいだろう。

なのでその便利さについてここで語ることは不必要だろう。

しかし、使っていてちょっと疑問があったりしても、普段使いには全く困らないのでスルーしている諸氏も多いのではないでしょうか?

なので、ちょっと気になる部分を簡潔にまとめてみようと思う。

【LINEのここが判らない!】

◆勝手に友達が増える

LINEってそもそもアカウントを作るときに、電話帳を使って友達を追加することができます。

でも、実はアカウントを作ったとき以外にも定期的に発生するのです。

電話帳に新しい電話番号を追加したときや、あなたの電話番号を登録している他の誰かがLINEを使い始めたり、或いは手動で電話帳の同期機能をONにしたときなどを機に友達追加が発生します。

グループLINEなんかを使っていると、記念旅行などをした場合、写真同期するのに便利だから「お前もLINE登録しろよ!」なんて半強制的にLINE登録させられる時ってありますよね(笑)

凄くメジャーで便利なLINEだからどんどんこういった現象が増える訳です。

< 自動追加させない方法>

このような自動追加が発生しないためには、「設定>友だち>アドレス帳」で、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の両方を「オフ」にすればOKです。

◆写真の保存ができなくなっちゃう

友達と写真を撮ってLINEにアップして、思い出して見返そうと思ったら・・見れない?!

こんな経験ありませんか?

実はLINEの画像の保存期間は2週間なのです。

だから大切な画像はさっさとローカル(本体)保存してしまいましょう。

2週間経ってしまった画像はどうやっても復元できません、再度送ってもらうしかないのです。

でも、ここでちょっとしたテクニック。

タイムラインに小さく表示された画像をタップして、「一度読み込む」事をしておけば、2週間の保存期間を気にせずともいつでも保存することができます。

そしてもう一つ奥の手が・・

それはLINEの「アルバム機能」です。

ここだと保存期間が無限になるだけでなく、機種変更しても保存したアルバムにアクセスすることもできちゃいます。

◆「既読」付けないで内容確認したい

様々な方法があるようですが、「機内モード」にしてから確認するのが一番シンプルで確実な方法です。

こちらが読んだって信号を発しないわけですから既読にならないのは当然です。

しかし、機内モードを解除してLINEアプリを立ち上げた瞬間にその既読信号はアップされますので、ここのところを慎重に意識しておく必要がありますね。

また、長文でなければアプリを立ち上げなくても確認することは可能ですね。

うまく使い分けるようにしましょう。

◆知り合いなのに名前が変

例えば本名が「山田太郎」さんだったとして、その人のプロフィール設定の名前の部分が「ジョニー」なんて想像もつかない名前の場合があったりします。

頭で「ジョニー」=「山田太郎」って覚えるにも、人数に限界があります。

そういった場合は、友達追加さえしていれば「名前の編集」で名前を書き換えることができます。

意外に知られていませんがこの機能はとても便利です。

◆パソコン同期すると便利

LINEって基本的に1アカウント1デバイスなんですが、パソコンとは同期をとることができます。

長文を高速で入力したり、写真を保存する場合なんかも超便利です。

パソコンでアプリをダウンロードして、立ち上げるときに自分のアカウントを登録するだけです。

便利な使い方としては、パソコンのメモ帳でしっかりと下書きをしておいて「貼り付け」っていうのがとても実践的でいいです。

これ覚えておくとメチャクチャ便利ですよ。

もちろん購入したスタンプも使用可能です。

 

 

「LINE」アプリ今すぐダウンロード
iTunes:ダウンロードページ
GooglePlay:ダウンロードページ

スポンサーリンク